ドクターの気ままブログ

2017.01.30更新

かゆみの原因でいちばん多い病気はおそらくカンジダ膣炎なのではないでしょうか?

カンジダは皮膚や腟などに広く常在していますが、免疫力低下、抗生剤使用などによって常在菌が減少し、カンジダが増殖するとかゆみやオリモノの異常を生じます。

診察してオリモノが典型的なカッテージチーズ状であれば、ほぼ間違いなくカンジダだと診断できますが、典型的なオリモノがでないこともあり、そういう時に産婦人科医はエンピリックに治療をすることがあります(原因は確定されていないが経験的な判断から治療をすすめること)。

これで症状が改善すれば一安心なのですが、まれに治療したにもかかわらずあとから痛みが出てきて、診察で水疱や潰瘍を認め、性器ヘルペスと診断されることがあります。

性器ヘルペスの初期に典型的な水疱や潰瘍を認めず、かゆみの症状のみのこともありますので、カンジダの治療後に症状が悪化する場合は再度診察を受けるようにしてください。

投稿者: みどりぎ皮膚科

2016.05.28更新

よろしく、お願いします!

投稿者: みどりぎ皮膚科

  • 24時間受け付けております 受診のご予約はこちら
  • お電話でのご予約・お問い合わせはこちら 03-5961-9966
  • 24時間受け付けております 受診のご予約はこちら
  • bnr_02_sp.jpg